<< 湯布院のお楽しみ。     玉の湯さんにて >>